政治の話題が「罵詈雑言」になる理由

 音喜多駿都議が気になるエントリーを上げていたのでメモがわりに。

 批判されるのは仕事なれど…「朝まで生テレビ」初出演の感想【雑談】 (東京都議会議員 おときた駿 公式サイト)

 なんでも、Twitterの「#朝生」タグが攻撃的なツイートが多くて「読んでると病みそうなので序盤で見るのやめました」とのこと。
 「まぁ、そうなるな」と日向さんばりに言いたくなるのは、Twitterが140文字という制限(しかもタグで3文字使ったり画像を投稿しようとするとさらに減る)があるから、短い言葉で感情が先鋭的になりやすいという構造的な理由がある。2005年前後の第一次ブログブームの頃には自分も含めて政治をネタにエントリーを書いているひとは幾人もいたけれど、論理的に「それはおかしい」というものはあったかもしれないけれど暴言の投げ合いといったことになることは稀だったように思う。
 その頃に比べて、ネットに発信している母数は増えているから、より「ふつう」のひとが参加するようになって、「偉いひとには何を言っても許される」といった意識のひとが顕在化してくるのも当然といえば当然なんだろう。この「偉いひと」には例えば私のような木っ端ブロガー/ライターもそう見えることがあるみたいで、BLOGOSに転載されたり、Yahoo!ニュース個人の記事がトピックスに選ばれようなものなら、あちこちから罵倒リプが飛んでくる。
 この手のひとたちは、基本的にコミュニケーションが双方向でなく一方向だと「思い込んでいる」から、こちらの反応があるかどうか関係がなく、「言った」ことで大抵の場合満足しているように見える。だから、そもそも「議論」を望んでいるわけでないし、言われた側も返信しようがないようなケースが圧倒的多数になってしまう。

 もうひとつ。政治の話題がこの手の「罵詈雑言」にまみれる理由として、結局のところ個々が政策あるいは政治課題を我が事として考えていないのだろう、という思うことがある。豊洲の問題にしても、どんな選択肢にもリスクはあるわけで、それをどれだけ許容するかというところに焦点が当たるはずで、誰に責任があるのかは本来副次的な産物であるべきだろう。それがそうならない、というのは多くのひとにとって「他人事」として「政治」に口出しをしている、と捉えるしかないのでは、と思っている。

 これはある意味で「ガス抜き」であって、個人的には為政者とか情報発信側とかにとってはくみやすい相手と捉えることもできる。そういった面も含めて、「むなしさ」がマシマシになるわけなのだけど、まぁネットで書き込みするくらいで憂さを晴らすことができるならばそれで、といった感じなのが正直なところだったりしますね。

 そんなこんなで。今日も作業が詰まっているのでこの辺で。

 
 
 

ブログから「じぶんメディア」へ(?)

 ここのところ心身が疲れ切っていたということもあって、生産性が最低レベルだったのだけど、低空飛行でもいいからそろそろ浮上にきっかけが切実にほしいParsleyです。ごきげんよう。

 2007年に富士スピードウェイで行われたF1日本戦の惨状をレポートして(参照)名を馳せた『のまのしわざ』氏のMediumのエントリーが気になったのでメモがわりに。

 ブロガーの終焉 – Medium

 ここで指摘されているような「アサマシ目的」というか「クレクレ厨」的なひとは第一次ブログブーム(2004年~2006年)を過ぎた頃から存在していたから、ここ最近の話でもないというのが個人的な実感ではあるけれど、いま「あえて」ブログをはじめるというひとが彼のいうような「他動的な人間」になっているような印象は私も持っている。

 自分が高校生だった頃からAAAバスト向けブランド『feast』を立ち上げるまでになったハヤカワ五味さんが最近『LAVISH GIRL』というサイトを立ち上げた。

 LAVISH GIRL  痩せてる女の子向けバイブルメディア

 美容系やダイエット系のメディアは数多いけれど、「太れない女の子」向けのメディアというのはこれまでになく、ないから自分自身で作っちゃった、というわけなのだけど、特筆すべきはハヤカワさんがWordPressを一から触ってほぼ独力で立ち上げてローンチした、というところにある。
 要するに、能動的な人間は「ブログ」どころか「じぶんメディア」を新たに作る時代になったという意味でも、『LAVISH GIRL』はあとに続く若いひとが出てくるんじゃないかな、と感じられる。なんというか、自己実現でももっと大きな目的がある場合でも、ブログ作っている場合じゃない時代になっていくのではないかなぁ、と。

 私のように書くことしか脳がないような人間にとってはブログで十分ではあったけれど、「ブロガーの終焉」が訪れるとするならば次のトレンドがあるはずで、その嚆矢になることも『LAVISH GIRL』には期待したいんですよね。彼女は放っておいても自走するだろうけれど、何かをネットで始めたいというひとは「ブログ」をすることよりも「じぶんメディア」を持つ、といったマインドをもって仲間を集めるといった方が、何より生産的だし今っぽいなぁ、と感じる。

 まぁ、ブログにしろメディアにしろ、はじめるよりも継続することの方が大変だけどね。そういった意味でも『LAVISH GIRL』は注目です。