ウェブメディアがアジェンダセッティングするということ

 こんな記事を書いたこともあって、日本で一番『BuzzFeed』に厳しいと一部で呼ばれたこともあるParsleyです。ごきげんよう。

 日本版『BuzzFeed』は失敗すると思う理由

 個人的には、以前に書いた見立てを変えるつもりはない。とはいえ、1月の発足から半年近くが経とうとして、スタッフが増え、「おっ」と感じるコンテンツが見られるようになってきたことは認めなければいけない。元毎日新聞の石戸諭氏の、バラク・オバマ米大統領の広島訪問を受けて出された記事には、正直唸らされた。

 なぜ慰霊碑の向こうに原爆ドームが見えるのか? 世界的巨匠が託した思い

 原爆死没者慰霊碑から原爆ドームが見えること。オバマ大統領がその光景を目にするであろうこと。そして、広島市平和記念公園を設計した丹下健三の想いが何処にあるのかを詳らかにしたこの記事は、日本人が「ヒロシマ」「1945年8月6日8時15分」をどのように捉えてきたのか、さらにはこれからどのように伝えていく必要があるのか、読者に振り返り問いかける意味が込められているように思う。メディアの役割がアジェンダセッティングも含まれているとすれば、この記事はそれを充分に果たしている。

 ところで、この記事には実際に広島に訪れて取材された形跡はない。それを批判するのは簡単だ。
 しかし、複数の情報を整理して提示することが、単に見聞きすることを凌駕することもある。石戸氏は「オバマ大統領の見えるもの」というところから出発し、丹下の足跡を縦軸に据え、原爆ドームが解体されていたかもしれないという事実を交えて今見える広島の日常がなかったかもしれないというIFを読者に想起させる。そして、建築というものに込められた「平和」の願いを共有する。
 これだけのことを一つの記事にまとめ、そしてそれを読者に「読ませる」のがどれだけ大変か、私もウェブメディアでお仕事をさせて貰っている端くれとして感じずにはいられない。この記事は約3800字と8枚の画像で成り立っているが、読了率が下がらないギリギリの線。分量としてもギリギリの勝負をしている。

 現状、多くのウェブメディアは、テレビや雑誌、あるいは有名人のブログやTwitterのネットでの反応を追うことが多い。それはもちろんPVが取れるから。そういったリアクションは、それはそれで「報じる」に足るものだと個人的には考えているけれど、共感あるいは反発を増幅することは出来ても、そこから読者にとっての新たな知見を提示する役割を果たしているか、と問われると返答に窮してしまう。

 そういった意味からも。石戸氏と『BuzzFeed Japan』が「オバマ大統領広島来訪」を一人の建築家を軸にして日本人が考える平和とは何かを問うてみせたことは素直に素晴らしいと思う。
 これからはウェブメディアがアジェンダ・セッティングをガンガンやっていかなければいけない。だから、「ま、負けないから!」という気持ちを新たにしたのだった。

丹下健三 伝統と創造 –瀬戸内から世界へ
美術出版社
売り上げランキング: 497,846
TANGE BY TANGE 1949-1959/丹下健三が見た丹下健三
豊川 斎赫
TOTO出版
売り上げランキング: 763,258

言葉使いが気になるのは歳を取ったせいだろうか?

 なんとなく眠れないParsleyです。ごきげんよう。
 ここのところ悩みが多くて、ほんとうに「不惑ってなんだよ」と思う今日このごろなわけなのだけど、その中の一つをだらだらと記しておきたい。というのも、最近では自分で「書く」こともそうだけど、ひと様の原稿を「見る」ということも増えてきていて、殊更に「言葉使い」を気にすることは、もしかして感覚として「古い」のではないか。でも気になってしまって直すかそのままにするか、判断に困ることが多くなっていたりするわけなのです。

 唐突だけど、「物を言う」と「ものをいう」の意味の違いを、説明できるだろうか?
 前者は「口を出す」、後者は「役に立つ」というように、全く違うのだけれど、特に後者の意味で前者のように漢字で書いてくるひと、結構いるんですよね。
 同じように「言う」と「いう」。「話す」という意味で前者を使うのはいいのだけれど、何かを指すという意味で「言う」と使うのは間違い。だけど、そう書いてくるひとはかなり多い。
 さらに「所」。これも「場所」を指しているのでもないのに漢字を使ってくるケースが非常に目立つ。

 自分が編集する場合、こういったものを見つけると、ついつい直してしまうのだけど、割とネットメディア(特に新興のところ)ではスルーされて漢字になっているところを結構見かける。まぁ、音読みすれば同じだけどさぁ……日本語としてどうなの? ……と思ってしまうんだよねぇ。
 もはやPCで文章を書くのは当たり前で、中にはスマホで書いて入稿なんてケースも珍しくない中、変換に頼ると漢字になりやすい、というのが多分に影響しているというのはわかる。読む人間がそれほど気にしなくなっているということも、なんとなく肌感で理解できる。なので、だから、それを教えるべきなのか、それとも現状に「慣れて」しまうべきなのか、かなーり悩ましいところだったりするわけで……。

 といっても、やっぱり正しい日本語が書けないライターが増えるというのは望ましいことではない、という気持ちがどこかにあるのも事実なので、メディアでお仕事をしている、もしくはしたいと思っているひとはちゃんと勉強してほしいなぁ、と思っていたりするのでした。

記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集
一般社団法人共同通信社
共同通信社
売り上げランキング: 357