プレスリリース書く時間あるなら予算つけてください

 うわー、なんかモヤモヤする…。

 広報・PR担当者が知っておくべきプレスリリースのキホン – NAVER まとめ

 まず最初にいうと、ここでピックアップされていることは間違いでないし、PR TIMESのような配信サイトを使わないよりは使った方がベターなのも同意する。

 とはいえ。ここで「正解」とされているプレスリリースの大半が、記事としては「使えない」情報ばかりだったりするんですよね。取り上げるべきフックとなる情報が少なくて、ベタ記事にしかならない。ネット媒体だと、「それじゃアクセス取れないなー」という判断になる。
 メディアに自社の情報を無料で掲載してもらうために、自社サイトに掲載されているものと同じリリースだけ送られても困ってしまう。IR情報としては充分かもしれないけれど、ニーズを喚起するために必要な情報は会社情報やスケールメリットはそれほど重要ではなくなる。サービスなり商品なりの魅力を伝えなければいけないわけで。
 そのために記者・ライターは頭使ったりいろいろ調べたりするので、「記者は興味ない」とか「記者は専門家ではない」という言葉を羅列するのはやめたほうがいいですよ。

 というか。そもそも興味関心がないジャンルの記者を振り向かそう努力しても徒労に終わることが多いので、関心がありそうな記者を探す方が早いし確実。そういった「最初のユーザー」である記者を見つけることが出来ないという広報・PRはお仕事ちゃんとしていないのでは、と感じるなー。

 まぁ、プレスリリースに書く時間を使うくらいなら、広告宣伝費を取るためのネゴシエーションに時間を使ったほうがいいのでは、というケースをいくつも見聞きしているから、絶対メディアに掲載したいというならば、予算つけて下さいという話になるなー。

 現場で広報を担当しているほとんど方は、こんなこと重々承知なのだと思うのだけれど。ITベンチャーや中小企業の経営者が勘違いしそうな「広告」を、PRサービス会社が率先して出すのはなんだか微妙というか、せっかく治った花粉症が再発しそうな気分にさせられます。

 以上、手間暇をかけずに無料でメディアに掲載してもらおうというのは根本的に違いますよ、というお話でした。

虚構としての「Age Free Music」を考察してみる

 最近ボカロ曲とアイマス曲ばかり聴いているParsleyです。ごきげんよう。
 ちょっと面白い記事を受信したので、つらつらと記してみたい。

 俺たちオジさん(オバさん)には今、歌う歌もなければ、聴く歌もない!(富澤 一誠) – 個人 – Yahoo!ニュース

 Parsleyの周囲にいる音楽関係者が礼儀正しく無視を決め込んでいるあたりも興味深いところだけど、それはひとまず置いておく。
 不明にも「Age Free 世代」という概念ははじめて耳にしたのだけれど、要するにビートルズをルーツにしたフォークソング直撃世代、という理解でだいたい間違っていないと思う。
 日本歌謡史的にいえば、ゆずや19、コブクロらがヒットを連発したし、すぎもとまさとの「吾亦紅」や植村花菜の「トイレの神様」といった名曲も誕生しており、2000年代に入ってからもフォークの系譜は脈々と受け継がれている。東京都内の各駅で見かける弾き語りのストリートミュージシャンの多くも、先達の影響が色濃い場合が多いような印象が強い。
 しかし、彼らはメッセージ性の希少さを批判されることがしばしばで、そのあたり富澤一誠氏のおっしゃる「共感」というキーワードにも含有されている。そして、「メッセージが薄い」というのは定量的に測ることができないので、結局は「売れた」ことで広く聴かれたという基準で判断されがち。吉田拓郎や井上陽水は「社会現象」だったけれど、ゆずはお行儀よくてそこまでムーブメント起こせてないじゃん、といった見方となろうか。
 で、1970年代フォークの商業対抗意識って、ニコニコ動画初期のボーカロイド曲とベクトルが近いものだと思うわけなんだけれど、フォーク世代で初音ミクにその姿を映しだしたりしているひとはほとんどいない。だから、彼らにとって実のところ「メッセージ」とか「思想」とかはそれほど重要ではない、と判断せざるを得ないんですよね。

 となると、やはり「共感」というキーに戻ることになり、「私たちのために歌ってくれない」という富澤氏の言葉に戻るのだけれど、下の世代からしてみれば「そんなの知らんがな」というのが大勢を占めるのではないだろうか。富澤氏が好きなフォーク・シンガーたちはまだまだ現役なんだし。彼らの曲を聴いて、ライブに行って、みんなで集まってカラオケで歌えばいいじゃん。
 AKB48・ジャニーズ・K-POPを挙げていることや、世代のスケールメリットを強調するあたりから、おそらく富澤氏がご不満なのは彼らが大好きなアーティストや曲がメディアに取り上げられないしランキングにも上位に来ない、ということなのではと推察されるのだけど。それって自分達の世代が「中心」にない、ということに対するものにしか見えない。まぁ、対抗したいならみんなで吉田拓郎のライブDVDをひとりあたり10セットずつ買えば、AKBにも比肩できますよ、という話になる。そもそもそういった「商業」に対抗するというテーゼだったはずが「ヒット」というものに囚われているならば本末転倒じゃんと、個人的には思うけれどね。

 まあ、この記事に「イラっ☆」とさせられるのは、同世代の曲を一義にして、他のジャンルの曲や下の世代の曲を切って捨てる姿勢が随所ににじみ出ているところ。多様性を認めないなんてぜんぜん「Age free」じゃないじゃん。「年甲斐もない」という意味なら合っているかもだけど。
 体験に基づく世代の価値観は後の世代に押しつけるような言説はまぁ支持されないよね、という話だし、下の世代からしてみればお金を落としたり評価をしようという姿勢をまったく見せないあたりにうんざりしているし。ノスタルジーは同世代共通のアーティストや曲で充足して下さい、としか言えないなぁ。

 とりあえず「懐古」という行為に対して慎みがない年長者というのは、下の世代からしてみれば存在する意味がないとparsleyは考えているので、よい反面教師とさせて頂きたいと思います。ありがとうございました。

吉田拓郎 LIVE 2012 (LIVE DVD+LIVE CD(2枚組))
avex trax (2013-01-30)
売り上げランキング: 251

ソーシャルメディアウィークもうええねん

 タイトルはもちろん、村上福之氏のご著書から。勝手にもじってごめんなさい。

 2月18日から開催される『ソーシャルメディアウィーク』。元切込隊長のやまもといちろう氏・佐々木俊尚氏・本田雅一氏・大元隆志氏のセッションが中止になったり、早くもヘンな方向で注目を集めているのですが。

 【お詫び】ソーシャルメディアウィーク2月18日のセッションが中止に やまもといちろうBLOG(ブログ)

 ほかにも、代官山蔦屋書店を会場にしたセッションが来場者に対してTカードの提示を求められることについて、プライバシー保護に敏感な方々から疑義を受けたり、何かと多難で運営の皆様は大変すぎるなぁ、と思うわけなのですが。

 Parsley的には、イケダハヤト氏が登壇なさったり、朝日新聞の特集『ビリオメディア』の北九州市を巡るtwitterデータ利用の記事で総ツッコミを受けた竹下隆一郎記者がなぜかビッグデータに関するセッションに登場したり(参照)、「??」といったキャスティングはあるものの、興味深いテーマのものも少なくなく、余裕があれば聴講してみようかしら、というセッションもあるのだけれど…。平日の日中だと難しいなぁ。
 というか、「意識の高い」学生さんか、業務の一環として出席が認められる広告代理店やメディアの方でないと参加するの無理なのではないかしら?

 ソーシャルメディアの知見の共有という観点で考えた場合、既に登壇者のお考えやベクトルの方向などは、彼らが日頃から発信しているものを読めばだいたい分かるし、それを感心して聴いている時点でちょっと微妙な感じがしてしまう。
 一方で、具体的な普及に向けてのケース・スタディを提示できるような方は、失礼だけど登壇されている中には見当たらない。おそらく現場で一番求められていることは、ソーシャルメディアどころかネットに対しても「よく分からない」というクライアントに向けての材料を揃えることができるかということと、サイトを含めていかに運用していくのか、というメソッドなのではないのかしら? 
 少なくともParsley個人にとって、概念的なお話はもう満腹です。

 そんなこんなで。広告業界やメディア業界の内輪感が超漂っていて、名刺交換が主目的な参加者が大半というお寒い光景を見物するくらいしか楽しみがなさそう、というParsleyの予想を覆すような素敵なイベントになって欲しいと思います。これは心から。

学生や若手デザイナーは「プロボノ」じゃないよ

 2013年2月5日の拙エントリー『天王寺区広報デザイナー募集で考えたこと』がいつの間にかBLOGOSで引用されていた。

 議論:「『無報酬のデザイナー募集』に批判殺到で謝罪文を掲載…」どう思う? – BLOGOS(ブロゴス)

 なんだか微妙な切り取られ方だなぁ、というのはひとまず置いて。
 Parsleyが強調したかったことはシンプルで、発注された業務には正当な報酬を支払うべきだということ。これって資本主義社会では当然なことだと思っていたのだけれど。
 それで、BLOGOSブロガーとしてご活躍の石水智尚氏から名指しで批判を受けたので、今更ながらお返事しようと思う。

 プロのボランティア募集って悪? Mutteraway 時事問題 を語るブログ 

 まず、前提として今回の天王寺区が募集をした「ポスター・チラシの作成」「ホームページのデザイン」はともに行政サービスであり、区民から税金を徴収している以上、その利便性を向上させる一貫としての「業務」と見なされる。それに「デザイン案」を「発注」するのであれば、プロ・アマ区別なくかかった「工数」に対して、「報酬」を支払う必要があるでしょ、ということになる。公的な利益を区民が享受するということならば、なおさらに。
 
 それで。拙エントリーでも触れたけれど、「プロボノ」というのは既に社会的地位が確立されている弁護士・医師といった専門家が職能を活かして社会に貢献する活動のことを指している。もっというと、学生や若手デザイナーを無報酬で働かせることを指しているのではない。そこを混同する発言を、水谷翔太区長がFacebook上でなさっていたので(参照)、それって不見識だよね、と指摘しているわけ。

 石水氏には「建前論」と断じられたけれど、問題はもっとテクニカルなお話。
 まず、区の立場になれば、無報酬のためスケジュールをはじめとする進行管理に支障が出て、いつまでたっても成果物=ポスター・チラシ・ホームページなどを区民に提供できずにずるずる時間ばかりが経過する危険性が高い。
 次に、「無報酬で業務を請け負った」学生やデザイナーは、「お金にならない仕事を平気でする人間」と判断されるため、新しい案件が舞い込むことはほぼなく、ステップアップする道が閉ざされる可能性が非常に高い。つまり、区側のいう「PRの機会」にはならず、むしろマイナス。
 そして、天王寺区の事例に他の自治体や公的機関が追従することになれば、「デザインやサイト制作はアマや学生をタダで使えばいいや」というモラルハザードを起こすことになる。
 つまり、お金をケチったばかりに誰も得をしない結末になることが目に見えているんですよ。

 おそらく、これが民間企業ならば「まぁ好きにすれば。クオリティは保証されないだろうし、デザインを軽視していると見なすけれど」といった反応になっただろう。しかし、雇用創出とサービス向上を求められる行政が基幹業務に対して予算をつけずに無報酬で外部から人材を求めるというのは、「ちゃんと税金を使えよ」という批判がなされても仕方がないと、個人的には思うな。

 というわけで。超有名なデザイナーが募集に応じてありえないクオリティーの作品を提供したというならばともかく。経験の少ない若手や学生をタダで使うという「夢ポータビリティー」(by『さよなら絶望先生』)につけ込むような募集をすることは、デザインやサイト制作、アプリ開発やプログラム制作をする業界全てにとってマイナスに作用するので、不明を恥じて頂きたいなぁ、というのが正直な感想です。
 

エンターテイメントとしてのネット「議論」

 佐々木俊尚氏が、昨日このようなことをツイートなさっていて、つらつら考えたことをメモしておきたい。

 日本のソーシャルメディア普及で「良質な議論を高めていく」ようなことは全体としてはあまり起きず、「いかに議論相手を不快にさせるか」というねちっこく攻撃的な表現方法だけが先回りしてグングン進化している気がする。

 https://twitter.com/sasakitoshinao/status/300448929105969153

 延々とネチネチネチネチ言われて、だんだんガマンできなくなって思わず怒りをぶちまけて反論したりするとまたそれがネチネチの環を広げるだけの悪循環に。悪意の空間からどう抜け出すのかということがけっこう大きな課題です。

 https://twitter.com/sasakitoshinao/status/300452940567674881

 おっしゃるような側面があることは確かだとParsleyも思うけれど、ソーシャルメディアが広まったために攻撃的な表現方法が進化したというのには違和感がある。ブログ論壇華やかだった2005年頃の「敵失」に対する総ツッコミと比べて現在の方が厳しいとは思わないし。私自身はそれほど詳しくはないけれど、NIFTY-Serve全盛だった頃の掲示板でも応酬が激しかったというエピソードに事欠かないし。もっというと現実で会社などの組織でのイニシアチブの取り合いはずっと切実だろうし。
 だから、もともと日本人がえんえんと続けてきた「議論」の内実がtwitterなどで顕在化したに過ぎない、という方がしっくりくる。

 厳しいことを記すと、たかだかWeb上での議論の応酬程度で、萎縮してしまったり方向性を見失ってしまうようなひとは、何もしなければそのまま淘汰されるのが自然としかいいようがない。
 中には討論をするベースというかお作法をわきまえることなく闘技場に上がって、蹂躙されてしまうような方がいて、見た目かわいそうなのかもしれないけれど、公開の場での論立てに瑕瑾があれば批判があって当然だし、そこで学べないようだったならそれまでの方というジャッジになるだろう。
 冷静なひとならば、議論の相手を見極めるだろうし、絨毯爆撃のような反論をするリソースを割く決意を固めるならばそうすればいいだろうし。そういう「場」の設定というところも含めてリテラシーの範疇だよね、と思う。
 だいたい、ほとんどのWeb上の討論は、「議論」というより「アドバンテージのあるポジションの奪い合い」に過ぎない。議論を仕掛ける方も買う方も、目的が一つのテーマに対する知見を高めるためではないのだから、そうなるのも当然といえば当然だけど、まぁ見世物としての価値くらいしかないんじゃないかな。
 ただ、そんな中でも学べることは多々あるので、当事者も第三者もそこから何かを得たもの勝ちでしょう。

 いずれにしても、「攻撃」という捉え方をしているのだとすればまともな討論が出来る見込みは下がるし、「良質の議論」をするには本質を読み取る力量が足りていないという疑いを持たれても仕方がない。

 というか、別にWeb上で議論に負けたり恥をかいたりしても息の根を止められるわけじゃないんだから、もっとあちこちでストリートマッチよろしく闘えばいいんですよ。それを厭うということは、ネット以外での利害関係といった「政治」が絡んでいるということだから、そういう方はフラットな空間に出てこないで篭っていればいいだけの話だし。せいぜい楽しみましょうよ、という感じかな。
 
 なんとなく関連書籍も。久しぶりに読み返してみようかしら。

議論のレッスン (生活人新書)
福澤 一吉
日本放送出版協会
売り上げランキング: 36,621
反論の技術―その意義と訓練方法 (オピニオン叢書)
香西 秀信
明治図書出版
売り上げランキング: 6,752
政治的なものについて ラディカル・デモクラシー
シャンタル ムフ
明石書店
売り上げランキング: 483,314

天王寺区広報デザイナー募集で考えたこと

 大阪市天王寺区が「広報デザイナー」を募集しているというのが話題になっていたので、見物に行ったらあまりにもあんまりな内容だったので、ざざっとメモしておく。

 【報道発表資料】デザインの力で、行政を変える!!~天王寺区広報デザイナーを募集します~

 1.業務内容

 以下の項目のいずれか、または両方も可。
 ・天王寺区役所が実施する事業のポスター・チラシのデザイン案作成
 ・天王寺区役所が作成するポスター・チラシ・ホームページレイアウトに対してのデザイン面でのアドバイス
 ※ デザイン案の作成・アドバイスについては、区役所での打合せのほか、電子メール・電話・ファックスによるやり取りでも可能です。

 (略)

 5.報酬

 なし
 ただし、天王寺区役所として以下の内容について実施します。
 ・「天王寺区広報デザイナー」について、区ホームページ・広報紙等で紹介します。
 ・広報デザイナーが作成したポスター等にはデザイナー作であることを明記します。
 ・ホームページで事業の周知を行う際に、ポスター等がデザイナー作であることについても同時に周知を行います。

 いろいろ突っ込みたいところですが。「デザイン」と一言でまとめられてしまっているけれど、紙媒体とウェブサイトのそれはまったく別物。ポスターやチラシにしても、DTPのみすればいいのか、ロゴやキャラクターの制作までこなさなければならないのか、その前の段階としての企画から関わる必要があるのか、まったく判然としない。
 Parsleyがサイトをざざっと見る限り、何から何まで手付かずの状態からコンセプトワークをはじめないとダメで、なおかつクライアント(区)サイドがノーアイディアっぽいから、ただ「チラシ案を作りました!」とカンプを見せても、微妙な理由をつけられて却下されそう。めんどくさいなー。まともなデザイナーならば超スジの悪い案件とみなすはず。
 それをさしひいて。コンセプトからのアドバイザー契約を含めて、全ての統括デザインを1年間見るとするならば、最低でも50~80万円ほど貰わないと割が合わない。できれば200万円くらい予算をつけて欲しいところだなー。
 それで、上記のような「業務」を無償で請け負うことが、デザイナーとしての実績になるかといえば、ほぼならないと断言できる。ちゃんとクライアントより請われて仕事をした、という事実が必要なので。
 だから、仮に学生や若手デザイナーが「PRになるから」といって1年間無償で請け負ったとしても、それが次のお仕事に結びつかず、さらに翌年にも区の「業務」を続け、いたずらに年月を重ねるという可能性が高い。

 この場合、「広報デザイナー」なのか「デザインパートナー」という言葉の問題なのではなく、無報酬でもデザインは誰でもやりたいものだ、という認識だというのがあからさますぎて、業界ドン引きというのが現実に近いと思う。行政のメディアのデザインはボランティアで行うものではないし、プロ・アマチュアに限らず採用された成果物に対しては報酬があってしかるべきもの。そういう当然のことをすっとばしているから総ツッコミを受けることになる。
 百歩譲って、学生などに機会を提供したいなら、デザイン専門学校などと提携してプロジェクトを実施すればいい。大阪府立大学にも知識情報システム学科があるのだし。なんで斜め上にいくかなぁ。予算出したくないという思惑が見えすぎだよ。

 というわけで、水谷翔太区長がFacebookで「アマチュアの方々にはPRの機会をご用意させていただき、我々としては自由な観点から行政のデザインのあり方を見つめ直す」とご発言されているのは、デザインのことをご存知ないなと思うし、デザインそれ自体を軽んじていると捉えられても仕方がない。(参照

 個人的に輪をかけてイヤだなぁ、と思ったのは、Facebookのウォールに水谷区長の支援者と思しきひとたちがこぞって擁護のコメントをつけていること。中には「真っ先に非難するのは今まで既得権益の甘い汁を吸ってた人たち」という斜め上の発言をするひとまでいて、思わず頭を抱えてしまった。
 また、この件で「報奨金を出すべき」というコメントをした下谷七香ラフコ代表はブロックされた上、発言を消されてしまったという。(参照
 まぁ、反対意見を消してなかったことにする行政の長のもと、まともなコミュニケーションのデザインができるとはとても思えない、というのが感想になるかな。

 あと、これは私見だけれど。「プロボノ」というのはある程度社会的な地位が認められ、日々の生活に支障がない程度の収入のあるひとが社会貢献の一貫として活動するものであって、まだ稼ぐ力に乏しい学生を無報酬で労働させることではないのでは、と思う。このあたり、「プロボノ」という言葉を使いたがるひとたちは意図的に混同しているように見えて不信感を買っているということを、関係者は認識した方がいいんじゃないかな。

 そんなこんなで。「デザイン」が重要だという認識があるのならば、ちゃんとお金を落として下さいというお話でした。社会貢献も「メシを食う」ことが大前提。というわけで関連書籍。

社会貢献でメシを食う
社会貢献でメシを食う

posted with amazlet at 13.02.06
竹井 善昭
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 60,341

『会田誠展:天才でごめんなさい』を観て考えたこと

 会田誠という美術家は、あんまりParsleyの好みじゃないのだけれど、日本のアートシーンに関心のある身からすれば常に活躍を注視せずにはいられない存在だ。というわけで、森美術館で開催されている個展には当然のように足を向けるつもりだった。
 ところが、『PAPS』なる団体から、性暴力展示に対する抗議文が送付されたことで、様相が変わった(参照)。会田作品では1990年頃から既に暴力に晒される少女が登場していたし今更感が拭えない。2011年に西武百貨店渋谷店美術画廊での『SHIBU Culture』が匿名の抗議によって中止に追い込まれた(拙エントリー参照)のと比べて、抗議の主体が見えているだけまだましという見方もできるけれど、団体の名前を売りたいために有名な芸術家をターゲットにしたのでは、という疑いも感じる。
 
 いずれにしても。実際にどのような展示をしているのかということは、記録しておく必要があるように思うので、ざざっとポイントをまとめたい。

 まず、なぜ会田氏の作品を展示するのかという問いに対しては、南條史生森美術館館長が明確に述べている。

 会田誠氏は、いま最も注目されている日本の現代アーティストの一人です。彼の作品の主題は、美少女、歴史、戦争、漫画、サラリーマンなど多様で魅力的ですが、そこにはユーモアを交えながらも、社会、政治、文化など私たちを取り巻く状況に対する疑念と批判が内包されています。

 つまり、エロティシズム溢れる作品もエロそのものがテーマなのではなく、社会の反映としての側面が色濃く、そこにこそ価値があるという考え方になるだろうか。個人的にも納得できるし、多くの美術ファンにも受け入れやすい会田評といえるだろう。
 例えば、リストカットした少女を中心にアダルトコミックのコマのような絵をコラージュした『モニュメント・フォー・ナッシングⅢ』は、若い女子の性が社会から消費されているのが主題だと、観る者に自明なような表現になっている。これが扇情的な作品であるという批判をするひとがいたとすれば、アートを知らないな、と一顧だにされないと思う。
 『PAPS』が槍玉に挙げている連作『犬』シリーズは、裸の少女の両手両足が切断され包帯を巻いて、あたかも犬のような表情を浮かべているのだが、これも自ら傷つけていく精神のメタファーに過ぎず、エロティシズムそのものを正面から描いた作品とは言いがたい。
 彼の描く裸像は手段であって目的ではなく、彼女たちを通して現代社会を透けて見えるというカレイドスコープのような役割を果たしていることこそが、多くの美術関係者や愛好者の支持が高い理由でもある(そのあたりがParsleyとしては物足りないのだけれど)。
 なので、「残虐な児童ポルノであるだけでなく、きわめて下劣な性差別であるとともに障がい者差別でもある」という『PAPS』の主張は、目がおかしいんじゃないの、という感想を持たざるを得ない。まぁ、どんな発言をする自由が認められているから、好きなように主張なさればいいとは思うけど。私は私で、表現規制に繋がる可能性のある言説に対しては全力で批判します。

 とはいえ。会田作品の中にはわいせつ物と捉えられるリスクのある表現があるのも事実。美術館側は当然よく理解していて、入口前には全て「このような作品に抵抗がある方は入場をご遠慮ください」「お子様をお連れのお客様は、入場に際してご配慮ください」と注意を喚起する大きな看板が立てられている。

 また、「犬」シリーズをはじめとする「刺激の強い」と美術館側が判断した作品は、図面上の「5」のフロアに集中させている。ここは袋小路になっているので、未成年者や性表現が苦手な鑑賞者は素通りすることが可能。入口はカーテンで仕切っており、前にはスタッフが常駐。ゾーニングとして完璧な対応といえるだろう。
 このように、美術館側も充分に配慮を重ね手を打った上で展示を行なっているので、わいせつ物陳列の方向であら探しをするのは無理筋。なので、抗議する側も会田氏の作品性そのものの否定をするしかなかった、という捉え方もできそうだ。

 そんなこんなで。センセーショナルな作品性ばかりに注目が集まりがちな今回の個展だけど。
 特筆したいのは、おにぎりに緑の身体がユーモラスな造形作品『考えない人』が、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき、入場者が自由に撮影することができるようになっていること。私が観賞した際も、多くの来場者がケータイを向けていた。
 また、中世に寺社・仏像の造営や改修のために、民衆から広く寄付を求める勧進をアイディアにした『会田誠:平成勧進プロジェクト』では、オフ会への招待や展覧会招待券、さらにはマルチプルの贈呈してもらえるというファンドレイジング活動を試みている。アーティストとファンとの新たな関係性の構築する動きとして、社会全体の寄付文化の浸透の流れとともに捉える必要があるように感じた。

会田誠作品集  天才でごめんなさい
会田誠
青幻舎
売り上げランキング: 481