ほんとうは「ブロガーです」と名乗りたい。

 最近、蓮舫行政刷新担当大臣の会見、「自由報道協会」(仮)の小沢一郎衆議院議員の会見と、立て続けに出席することが出来た。
 どちらの会見も、私Parsleyの場合、「フリーランスのライター」という立場で参加がかなったわけだが、内心ではいろいろと複雑というのが本心だったりする。
 
 蓮舫大臣の会見の後、内閣府の政策評価広報課の担当者の方と少しお話しをすることが出来た。まず、会見は内閣府と記者クラブが「共催」という形をとっていること、現在の参加登録対象者(参照)は2010年2月の外務大臣会見の参加資格に準拠したものだと教えて頂けた。動画の撮影や、こちらの要望などにも丁寧にご対応頂けるという印象を持ったけれど、会見はあくまで「報道目的の取材者が対象」という一線があることはふしぶしから伝わってきた。

 「自由報道協会」でも、加盟条件に、「取材・報道目的ならば」、誰もが個人単位で加盟し、記者会見等に参加することを保障する、とある。つまり、ここでも報道目的の取材者を対象とした会見、という位置づけに変化はないようだ。

 それにしても、「報道」って何だろう?
 Wikipediaによると、

 ニュース・出来事・事件・事故などを取材し、記事・番組・本を作成して広く公表・伝達する行為であり、言論の一種である。報道を行う主体を報道機関という。報道の媒体をメディアと呼ぶ。

 と、ある。本を作成するのも、Reportなのかぁ。でも、日本の場合、著作を出すための取材では大臣記者会見に参加するのは現状難しいだろう。
 ついでに、同じページに「ジャーナリズム」に関しても記述があった。

 ニュースを収集し、選択、分析、を世論形成や定期性などの諸要素が加えて、責務である論評して解説を、継統的かつ定期的に流布する過程及び一回かぎりの行為であってもジャーナリズムである。

 んー。それならば、新聞等によるストレートニュースなどよりもブログのエントリーでの情勢分析などの方がよりジャーナリズム的な場合がありそうだけれど。日本においては、「報道に携わる者」=「ジャーナリスト」と捉えがちなような気がする。

 逆に、官庁の側にしてみれば、従来の「記者」に向けた会見だけでなくて、政策(=商品)について広くあまねく知ってもらうためには、既存メディアだけでなくてより市民の側に近いソーシャルメディアに向けた広報活動を今よりも進めていかなければならないだろうし、それが情報公開や、オープンガバメントに適う施策になるのではないか。

 いずれにしても、大臣や政治家の会見で、こそこそと「フリーランスのふじいですぅ」と言わずに「ブロガーのParsleyです!」って堂々と名乗れるようになってほしい。そう心から願ってます。

『SHIBU Culture』中止で考えたこと

 先月1月25日から西武百貨店渋谷店美術画廊で開催された『SHIBU Culture ~デパート de サブカル』展、Parsleyは2回足を運んだけれど、とても素晴らしい展示だった。

 「SHIBU Culture ~デパート de サブカル」シブカルチャー ~デパート デ サブカル~(レッツエンジョイ東京)

 文フリ大交流会トークセッションでもご登壇頂いた胡子女史の「お嬢様学校少女部」の展示があったり、松山賢氏の「彫りガール」のようにデルボーあたりを彷彿とさせる背景に全身刺青のようなものでデコレートされた少女が映っているような作品、舩木大輔氏のフェティッシュな人形に別の意味を付加させるような作品、真珠子女史のように抽象画を思わせるような作品と、展示されている作家さんは多岐にわたっていた。これらの作風もばらばらの作品群を、「サブカル」というくくりならなんでもありでしょう、というキュレーターさんのいい意味での明るい強引さが、場自体をそのままメッセージとなりうるような、そんな企画展だった。
 個人的には、ににユイチ女史という作家さんを知れただけでも、有意義だった。

 そんな『シブカル』だが、2月1日に突然会期途中で中止になってしまった。

 『SHIBU Culture ~デパート de サブカル~』 終了のお知らせ

 正式なリリースが出る前にtwitter上であっという間に情報は広がった。中には東京都の青少年健全育成条例改正の影響があったのでは、という風説も流れているようだ。(Togetterのまとめ参照
 個人的に作家さんに事情を聞いてみたところ、都条例とは直接関係がない模様だが、中止の理由はここでは書けない。
 ただ、一つ思うのは、今回の件といい、都条例の件といい、「善意のモラリスト」という顔の見えない存在が、アートやカルチャーに与えている圧力というのは、想像以上に強い、ということだ。
 都条例に関しても、非実在性青少年を扱っている作品について、「誰」が規制をかけようとしているのか。教育委員会だったりPTAだったりするのかもしれないけれど、特定の個人の「顔」は見えないままになっている。
 「シブカル」中止の圧力となった存在も、現時点では私たちからは「顔」が見えない。だから「善意のモラリスト」と呼ぶしかないのだが、彼/彼女が「健全な社会」にすべくべくホコリを排除しようと動いていることだけは分かる。そして、それが彼/彼女の「正義」だということも。
 だからこそ、非常に性質が悪いのだ。
 そしてもう一つ。たぶんこれは世代間の問題でもあるだろう。コンクリートの壁がキレイに積まれている町並みを作り上げた世代と、公衆電話ボックスにテレクラの広告がびっしり貼られているのが当たり前の中育ってきている世代とでは、都市における美的感覚は当然違うし、「自由な表現」というものに対する感覚もまったく違うのではないだろうか。

 都条例が施行されるとアウトになる可能性が高い表現を扱っている作家さんにしろ、今回企画展が中止の憂き目にあった作家さんにしろ、このような社会からの圧力にどのように対峙していくのか、これから問われることになると思うし、それが作家としての姿勢などにも影響していくことになるだろう。
 また、そういった「社会」が息苦しいと感じている私Parsleyのような人間からしてみれば、表現の自由への規制圧力に対してどのように反論し空気を変えるように努力していくのか、やはり問われることになる。

 おそらく、そういった空気とまっこうから向かい合って、一定の成功をおさめている一人が村上隆氏なのだろう。彼が最近だした『芸術闘争論』は、アートの世界のお作法的なものを学ぶことを含めて、一読する必要がありそうだ。

—————————————————————

 <追記・2月5日23:30>

 検索経由でこちらにたどり付く方々が多いようなので。
 出展されていた作家さんについては、NEVARまとめをご参照頂きたい。

 【急遽中止】SHIBU Cultureに参加していたアーティストまとめ【西武渋谷店】発言集

 また、2月10日に浅草橋パラポリカ・ビスで「夜想語り2/10緊急シンポジウム」が開催されるとのこと。(『夜想』今野裕一編集長のtwitter参照
 この問題に関心のある方はチェック必須でしょう。