「アクティブ」である、ということ

 参議院選挙が、今日公示されましたね。
 毎回、国政選挙の時は旗幟を鮮明にすることを信条にしているParsleyですが、今回はしない。というかできない。まだ決めかねているので。

 ただ、民主党・自民党のほかにこれだけ政党が乱立して思うのは、「党」じゃなくて「人」なんじゃないかな、と考えている。
 どこかの団体の利権の枠のために出馬して、既得権益を主張するための「席」を得ようとする人ではなく、政治に限らず行政・外交・社会保障政策…なんでもいいから専門分野がある人を、議場に送り出したい。現状、前者のようなタイプは民主党にも自民党にも他の党にも候補者がいるから、国政に対して「アクティブ」に動かしていけるような人を選びたいと思う。

 その候補者が「アクティブ」かどうか、理解するのに一番手っ取り早いのはサイトで活動記録を見ること。そういった観点から選挙の活動が有権者により「見える」ようになるといいのだけれど、ネットを活用した選挙運動を解禁する公職選挙法の改正は政権交代のどさくさで見送りになってしまった。
 そんな中、民主党twitter議員のひとり藤末健三参議院議員が、ホームページやメールなどで音声を流す方法で選挙活動を行うことを表明したそうだ。

 参院選:「ネットで選挙活動」民主・藤末議員(毎日jp)

 このことに関しては町村泰貴先生が詳しく解説している(参照)。私も藤末議員のトライを応援したいと思うし、こういう活動こそ「アクティブ」だと感じる。

 さて。「ネット選挙」に向けて、有権者=ネット民の出来ることはないものか。ニコニコ動画では、頻繁に政治家を交えたディスカッションを生放送しており、コンテンツとして有用だということを証明するとともに「ネット選挙」解禁に向けた「側面支援」の役割も担っている。
 ただ、一般のブロガーやついったらー、2ちゃんねらーからも、自主的に、政治家の側とアクセスしていくことが必要なのではないだろうか?

 …と、繰言を言っている暇があれば実行しろよ。

 ということで、民主党・蓮舫行政刷新相、自民党・河野太郎幹事長代理、みんなの党・渡辺喜美代表に、ブロガー懇談会開催できないか、本日各党・各事務所にメールで送ってみました。
 実現できるかどうかは、とりあえず返答次第。続報は随時このブログでお知らせしますのでお待ち下さいませ。
 
 政治家に、「アクティブ」を求めるならば、ネットの側もより「アクティブ」だということを証明しなくちゃね。
 そうやって、ユーザーの側もより政治にコミットして、少しでも良い方向に転がればいいなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です