富士と、アレジのマニクール評

 その昔、といっても3年程前だけど、ジャン・アレジがF1フランスGP開催地であるシルキュイ・ド・ヌヴェール・マニ=クールについて、こんなふうに語っていた。出展は『Number PULS 2004 F1革命前夜』

 はっきり言って大嫌い。スキジャナイヨ! フランスGPがキャンセルされたって聞いた時には夢かと思った(笑)。でも、最終的には今年も開催されることになった。いや、僕はフランスGPが消滅することを望んでいるわけじゃない。フランスでグランプリが開催されることはとても大切だと思う。ただ、ポールリカールのようなサーキットで開催されることを望んでいるんだ。マニクールは本当に何の楽しみもない場所だから。「牛が大好き」って人にしか薦められない。牛はたくさんいるからね!

 母国といっても、彼は両親がシチリア出身でフェラーリドライバー経験者なので、モンツァやイモラの方がホーム感覚なのかもしれないけれど、それを差し引いたとしても酷評だ。

 このサーキットでグランプリが開催されるようになったのは、政治的背景があった。フランスの大統領と、当時の蔵相のおかげだよ。ミッテランの地盤はニエーブル県で、ベレゴボワはヌベールの市長だったからね。(中略)
 観客にとっては、悪夢のようなグランプリだよ。まず、絶対に、ホテルを見つけることはできない。単純な話、僕はマニクールに10年通って、1度たりともホテルに泊まらなかった。毎年、サーキットのすぐ裏側に家を借りていたんだ。
 サーキットを出れば何もないし、キャンプ場にでも行かないかぎりお祭りの雰囲気もない。本当に、このグランプリは家でテレビ観戦することを薦めるよ。
 マニクールでのグランプリは今年で最後になると思う。2005年には他のサーキットに行くと思うよ。(後略)

 残念というべきか、幾度もカレンダーから外されそうになりつつもフランスGPはマニクールで開催されている。
 このことは21世紀に入ってからF1が放映権&大自動車メーカーの世界戦略の展開する場に変質しており、毎年グランプリに足を運ぶ熱心な観客というファクターがワンオブゼムになってしまっていることを象徴している。

 しかし、この文章。
 フランスGPを日本GPに、マニクールを富士に、ミッテランをトヨタに、牛を樹海に、それぞれ置き換えて読んだとしても、違和感を覚えない。

 


 今年の富士スピードウェイの惨状は、大手マスメディアが報道しない部分まで既に情報が流通してしまっている。
 ブログでは、『[の] のまのしわざ』様が詳細なレポートを動画付きでUPしていらっしゃるし、2chモータースポーツ板の断片情報は『天漢日乗』様が拾って下さっている。
 メディア関係でも、『F1速報』が「富士スピードウェイが抱える2年目への課題」という問題提起をしていたり、澤田賢志カメラマンがFSW首脳に直撃してみたり(参照)、かなり頑張っている印象。
 皆が今回の騒動を踏まえて、FSW=トヨタに無料でカイゼン案を出しているのは、F1やモータースポーツに対して悪い印象を持って欲しくない、という一念なのだと思う。

 でもなぁ。この一件で富士(とトヨタ)には愛と尊敬が決定的に足りないし、それを得ようともしていないということが明白になったように感じられてならないんだよなー。
 歴史的に見ても、76年は大雨でニキ・ラウダが2週でリタイアし77年には死亡事故が起きているし、御殿場市の青年会議所がサーキット廃止を陳情して存続が危ぶまれた時期があった。(参照
 地元の冷ややかな空気は、チケット・ライド方式を採用したことが直接の原因だが、根はもっと深いところにあるような気がしないでもない。
 そして、トヨタが政治力で鈴鹿から開催権を奪った、ということが誰の目にも明らか。
 肝心のドライバーも多数が「早いうちに中止するのが妥当だった」というコメントを残している。
 ここまでのいらない子ぶりって、マニクールかそれ以上。
 トヨタかJTBかの責任者のクビをすげ替えたとしても、こればっかりはどうしようもない。愛と尊敬はお金では買えない。

 マニクールと富士で違うのは、同じ国に愛も尊敬も得ているサーキットがあるか否か。
 もっぱら自宅観戦派のparsleyだけど、2006年の日本GPの映像を見ると一生に一度は鈴鹿に行きたいと思うもの。

 ちなみに、アレジは鈴鹿について「最高のサーキット」と述べている。

 グランプリは、そこに集まるファンにとって年に一度の楽しいお祭りであるべきだと僕は思う。だから、鈴鹿に遊園地があって、マシンが走行していない時間帯にもみんなが楽しめるのは、とてもいいことだ。世界中にこんなサーキットは鈴鹿しかないからね。

 いや、なんというか、勝ち目ないよ。
 FSW・トヨタはグローバリゼーションの旗印のもとに、ノーピープルズグランプリを開催するしかないんじゃないかなぁ。もちろん、ヨーロッパ時間に合わせて、夜間に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です