『PS』11月号を読んだ。

 ま、手短に。
 表紙は木村カエラ。新譜のタイトルにあわせてイエローのニット。
 「おしゃれセレブの一週間コーディネート」に、安田美沙子とMEGが登場している。私の記憶では二人とも初。
 映画『サウスバウンド』+日産MICRA C+Cのパブに北川景子。

 4色ページでは「ケータイの中身探偵団」という特集があった。
 いわく、『「持ち歩かないケータイ」として2台目にWILLCOMを持つコが増えている』。
 いわく、『ケータイで文字に親しむ時代?携帯小説やMYブログが大人気』。「魔法の図書館」が紹介されている。
 いわく、『ケータイ写真は東京ではペット、大阪では彼氏が一位』。なんでも、東京では彼との写真はほぼゼロらしい。恋愛に対してクールというより、リスクマネジメントでしょう。
 え? 「2in1」?? そんなものはなかったのですよ。

 あと。表3の広告がバンタンキャリアスクールで、「ユメはじまる」で検索するように誘導していることをはじめて認識した。コピーも20前後のコの焦燥感や閉塞感をくすぐるキャッチーな感じだった。

 

One Reply to “『PS』11月号を読んだ。”

  1. KAELAちゃん

    木村カエラ「LIVE Scratch?上がってますってばTOUR?@武道館」
    すっごいファンというわけでは
    全くなく
    でも
    アルバムも
    DVDもなぜか買ってしまう
    アーティストが
    木村カエラちゃん
    音楽がすごく好きだからー
    とかではなく
    ジャケット、演出、フ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です