『メディア・イノベーションの衝撃』シンポ開催

 <7/23 15:00記>
 この記事は、7月30日18:30に設定されております。

———————————————————–

 拙エントリーでも触れましたが、『メディア・イノベーションの衝撃』の刊行記念シンポジウム「検証:ポピュリズムか集合知か ネット選挙の行く末」が、参院選投票翌日の7月30日18時30分より上智大学四谷キャンパス7号館14階特別会議室にて開催されます。

 デジタルジャーナリズム研究会を主宰なさっている橋場義之上智大学教授を司会に、佐々木俊尚氏や『ガ島通信』様、『H-Yamaguchi.net』の山口浩駒澤大学准教授がパネリストとして登壇され、選挙結果を踏まえつつ、選挙とインターネットの関係について、ネットでの取り組み、ネット世論、新聞・テレビなどの既存メディアとネットの関係について議論する予定になってます。

 参加費は500円。大学生・大学院生の方は無料です
 全員無料になりました。

 お申し込みはFPNのフォームよりお願い致します。

 
———————————————————–

 <7/31 2:00記>
 悪天候が心配されましたが、イベントは無事に終了致しました。
 ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です