緊急事態宣言下の誕生日

 はじめましての人ははじめまして。お久しぶりの人はお久しぶりです。Parsleyことふじいりょうです。

 2004年10月から『ヤプログ』で運営していたブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』、2020年1月末にサービス終了ということもあって、アーカイブを残すためにドメインを取得したりサーバー借りたりしていたのが、年初にやったりして生まれたのが、このサイト。それで、デザインを整えてから大々的に「公式サイトです!」みたいにやりたくて、記事も書いていなかったのだけど、なかなかWordpressをいじる時間が取れずに、4月8日の誕生日を迎えてしまいました。てへぺろ。

 まあ、これから時期を見てサイトの体裁を整えていきたいとは考えているので、しばしお時間を頂ければ幸いです。

 さて。4月8日は花まつり。つまりお釈迦様の誕生日で、多くの学校では入学式が行われる日。それに加えて、今年は7都府県の緊急事態宣言が発令された日という「歴史」が刻まれた日になってしまった。なんかあまり自分のお祝いという気分とは若干ズレが内心にあるのは確かだ。

 緊急事態宣言の是非については、面倒なのでここでは記さない。ただ、ちょっと階下の道路を見るだけで交通量は減っているし、世が静けさと切迫感が同居した不思議な空気になっていることは肌で感じられる。SNSでは個々がCOVID-19についていろいろ投稿しているし、メディアの関心もリソースの8割くらいは割いて報じているような感覚がある。

 かくいう私もメディアの端っこでお仕事をしているので、そういった情報から目を逸らすことが許されない立場ではあるのだけど、「怒」と「哀」にばかり触れていると自分自身が染まってしまう。そう、ソウルジェムが濁るみたいに。

 もう既にあちこちに記してはいたので知っている方は知っていると思われるのだけど、昨年は散々だった。まず不眠と頭痛に悩まされて、味覚が理解はできるが感じられなくなった。それに胃痛が加わり、瞼の痙攣や耳鳴りがはじまり、ついには失声症になった。夏頃はほとんど引きこもって過ごした。正直、「もう何も書けなくなった」と思った。

 結局9月に「再帰性うつ病」と診断され、めでたく精神障害者保健福祉手帳3級に認定された。これで気持ちがラクになった。良い主治医と出会えたこともあるし、パートナーがずっと支えてくれたというのも大きかった。しばらくネットから離れて読書したりアニメを見まくったり、旅行先でのんびりする時間を経て、少しずつ体調が持ち直した。服薬によって嘘のように眠れるようになったし、朝起きて三食きちんと取って、夜にPCを落として就寝するという、過去に記憶がないほど「まとも」な生活を送るようになった。

 それで、1月ごろから徐々に仕事に復帰して現在に至るわけなのだけど、そこに新型コロナである。東日本大震災時もそうだったけれど、情報過多になるとどこに落とし穴があるかわからないような、売文業にとってもストレスの溜まりやすい環境に放り込まれてしまった。「なるほど、これがロスジェネ世代の宿命か」とは思ったけれど、今のところは上手く対処できている。やはり、再起するプロセスにおいて、マインドが変わったのだろうな、とひしひしと感じる。

 ぜんそくもちで気管が弱い自分は、ずっと「30歳まで生きられない」と思っていた。その後は「おまけ」のように考えていた。それでどうしても捨て鉢のような行動や態度になってしまうことがしばしばあったし、何事もつま先立ちで向き合うような生き方をしていた。

 それが、今は「少しでも長く、書くことを続ける」ためにはどうしたら良いのか、ということをまじめに考えるようになった。まだまだ課題は多いけれど、そのためのストレスコントロールと生活リズムの構築に関して注意を払うようになった。まぁ、そんなことは学生のうちにやっておけよ、と思うのだけど、何事もはじめるのに遅いということはないだろう、と言い訳することも覚えた。

 だから、今回のCOVID-19にまつわる情報についても、50%くらいのリソースで触れて、残りは別のことに振り分けるようにしている。何も自分が「書く」ことはそれが全てじゃないし、ほかにも題材はたくさんある。公開が延期になってしまったけれど、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』のことも語りたいし、朝倉行宣住職がやっていらっしゃる『テクノ法要』についても追っていきたい。まだ乙女男子としても道半ばだ。そして、ロスジェネ世代当事者としての発信は続けていかなければいけないという使命感もある。ちょっと取り組んでみたいビジネスモデルも考えているし、なかなかに欲張りに、アクティブなマインドになっている。

 とはいえ、闇雲に働くとまたガクンと下がるかもしれないので、適度にブレーキを踏みつつ、そろりそろりと走るくらいがちょうどいいのだと言い聞かせながら、これからも前に進めることができればと思っている。

 そんなこんなで。これからもどうかよろしくお願い申し上げます。