ボーカロイドはスウィングガールの夢を見るか

 世間的、というかオリコンチャート的にいえば、2011年はAKB48の『フライングゲット』の年、ということになるのだろうけれど。
 おそらく10年後から俯瞰して見た場合、2011年は初音ミクの『FREELY TOMORROW』の年ということになるのではないだろうか?

 7月31日にアップされたこの曲は現時点で123万回再生されている。この曲自体、「初音ミク」というボーカロイド現象(と、あえて呼ぶ)の集大成的な作品として位置づけられるし、機械的なサウンドの「ぬくもり」というYMO以来のテクノポップの正当な後継者と呼ぶことも出来るだろう。何より、詩曲のポジティブさが、社会的な観点からもっと注目されてもいいと個人的に思う。

 この曲があっという間にスタンダードナンバーになっていくのは、「歌ってみた」があっという間に沢山投稿され、「着うたフル」で配信されるようになったこと(参考)ことでも明らかだ。
 そんなフォロアー達の中でも、ちょっと異色だったのが、yonemikuという女性がミクのコスプレをしてテナーサックスで『FREELY TOMORROW』を吹いている動画。たまたま知り合いの音楽事務所の育成中の娘さんだったのだけど、これが上手いんです!

 『初音ミク』がクリンプトンから発売されて4年。数々の「名曲」も増えてきた。そうなると、各地の吹奏楽部でボカロ曲が演奏されるようなってもいいような気がするなぁ、と思ったら、やっぱりちゃんと楽譜集売っているんですね。「ブラック★ロックシューター」「ワールドイズマイン」など12曲が収録されている。残念ながら、大バンドでの演奏の動画は見つけられなかった。どこかの文化祭で演奏されているのかしら。

バンドスコア 「supercell」 supercell feat.初音ミク
株式会社ヤマハミュージックメディア
ヤマハミュージックメディア
売り上げランキング: 50016

 いずれにしても、さまざまな天災に見舞われている2011年。そのつながりを維持したり取り戻すきっかけとしての音楽という位置づけは、今後ずっと大事になる。タイトルでは『スウィングガール』を挙げたけれど、あの映画は漫然とした日常を「気付き」を経て能動的に書き換えていく、という話だ。
 もっと前の作品だと、1996年制作のイギリス映画『ブラス!』だと、社会的な「うんざり」とした中でも「生きる力」を失わないよう、皆でバンド演奏をする、という話を切実だが滑稽に描いた作品だ。
 今のところ、2011年の音楽は、個人個人がネット上にアップする曲が、「誰か」に響くという、個対個でのみ機能しているように感じられる。これが、多対多になるとしたら。それにボーカロイドも一枚咬むとすれば。これほどハッピーなことはないじゃん、と思うのだが、どうだろうか??

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]
東宝 (2005-03-25)
売り上げランキング: 6340
ブラス! [DVD]
ブラス! [DVD]

posted with amazlet at 11.09.22
アミューズ・ビデオ (2007-05-25)
売り上げランキング: 7560

VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU
クリプトン・フューチャー・メディア (2007-08-31)
売り上げランキング: 213

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です