なぜ誰もチェックしないのか問題が起きるワケ

 ちょっと眠れないのでざざっと考えたことを。

 女性雑誌に載ってた擬音がアウトなやつだった「何を思ってこれ使ったんだ」「誰か止めてやれよ…」 (Togetterまとめ)

 「くぱぁ」がダメな擬音だというのは、紳士な嗜みをもつ男子ならばすぐにピンとくるけれど、女子ばかりの編集部ならばそれがわからなかったのかもしれないね、ということがまずあるにせよ。「誰が止めてやれよ…」ということで誰も止めないロジックというのはいろいろ考えられる。

 今回の場合、アイディアだし(編集会議)⇒デザインへの落とし込み⇒読み合わせ⇒編集長チェックといったプロセスが想定されるけれど、まず最終段階の編集長が「くぱぁ」を知らなければそのまま通ってしまうだろう。読み合わせでも、もし誰かが気づいたとしても、担当外だとケチをつける=批判と受け取られないように黙るという「空気」が生まれやすい。デザイン段階ではオーダー通りに作るのがお仕事なので基本的に「これおかしいです」と指摘するのは、同じような理由で難しい。つまり、発案者の意見がひとたびOKになってしまうと、そのまま通ってしまいがちになるケースが多いように思うんですよね。

 これはネットメディアでもそうで、一応は事実関係を確認するにしても、書き手より詳しくない人間が調べることには限界がある。特に幅広いジャンルを扱っていると、どうしても知識より深い「文脈」というところまでは見ることができないケースって多々あるんですよね。
 最近だと、福島みずほ女史たち社民党が駅のホームで「選挙活動」をして公選法違反の疑いがあるのではないかと話題になった。個人的には主張を書いたプラカードらしきものを掲示するのは選挙活動と見做せるのではないか、と思うのだけれど、候補者がタスキをかけて電車に乗ることは名札をつけて乗車するだけなのと一緒で、ビラを配らなければ単純な「移動」に過ぎず、公選法違反ではない。ここの線引きはグレーな部分があるにせよ、公選法を読み込んでいない人がチェックをすると「違反」というトーンをそのまま通してしまってもおかしくないだろうなー、と思う。
 そして、編集長ではない、編集・ライターと同格の人間がそれに気づいたとして「待った」をかけることができるかというと、速報性が求められるし、「じゃあお前が調べろ」という余計な仕事を背負うハメになるかもしれないし、いろいろな意味で難しいんじゃないか、と感じる。ディスコミュニケーションだと言われそうだが、多くの媒体の編集部でそういう場面があるのではないか、と思うわけ。

 結局、世に「なんでこれ通ったの」というコンテンツが多く流れてしまうのって、書き手と媒体(あるいは編集長)の信頼関係に依っている場合が多いから、書き手や発案者の「知識」や「見解」、「アイディア」がそのまま通ってしまう。そこを抑えることができるのかどうかが、媒体としての危機管理になるわけなのだけれど、まぁ全部のジャンルを押さえるのは難しいよね、という話でした。

 そろそろベットに潜るのでこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です